縁結び神社研究会 〜恋愛成就・安産祈願〜  
 
縁結び
子宝・安産
神前結婚式
美人祈願
縁切り
 
 
 



 
建築物
出雲大神宮 リンク
電話 0771-24-7799 縁結び
神前結婚式
交通 JR嵯峨野線「亀岡駅」からバスで15分「出雲神社前」下車
特徴・見所

 祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)と后神である三穂津姫命(みほつひめのみこと)です。大国主命は天津神(あまつかみ)が地上に降り、国譲りをするまでは、葦原の中つ国(地上界)を束ねる国津神(くにつかみ)の長でした。この神様は日本神話の中でも英雄神の一人で多くの后がいますが、三穂津姫とは国譲りの際に結婚しています。三穂津姫は高皇産霊神(たかみむすびのかみ)の娘で、つまり万物の生成に携わる天の神の子です。この天と地が結びつく二柱を祭神としているため、縁結びには絶大な神徳があるといわれています。

 毎月第四日曜日午後2時から「えんむすびまつり」も行われています。参列希望の方は当日社務所で受付がされており、初穂料は1000円です。

 神前結婚式も行われています。修祓(神職によるお祓い)や斎主による祝詞奏上(神様への奉告)、三三九度夫婦固めの盃、巫女による豊栄の舞の神楽奉納、玉串拝礼など、伝統に則った結婚式が行われます。初穂料は本殿挙式が8万円、本殿・拝殿挙式が10万円です。また服部和子きもの学院が全面プロデュースした、十二単(じゅうにひとえ)の結婚式も行われています。

体験者の声

 私は2006年3月に京都の出雲大神宮へいきました。その時に引いた恋みくじに書かれてあった、干支、血液型、年齢差、星座がすべて当時付き合っていた彼に当てはまりました。それから3年半たってから、その時の彼と婚約しました!

 27年生きてきてそのおみくじに書かれていた条件が全て当てはまるのは、私の人生で出会った男性の仲で彼だけでした。やはり、出雲大神宮はパワースポットだと感じました! そのおみくじの的中にはびっくりしています!!!

あなたの叶った願いや体験談などを募集中です。よろしければ こちら から、お寄せください。




メールマガジン

 寺社活動のお知らせは、『メルマガ寺社旅研究会(メールマガジン)』で配信しています。よろしければご登録下さい。購読は無料です。


メールアドレス      

メルマガバックナンバー




寺社旅研究家 堀内克彦(ほーりー)のプロフィール



イベント情報をもっと見る

仏前結婚式研究会


HOME