縁結び神社研究会 〜恋愛成就・安産祈願〜  
 
縁結び
子宝・安産
神前結婚式
美人祈願
縁切り
 
 
 



 
文化財
笠覆寺(笠寺観音) リンク
電話   縁結び
美人祈願(玉照姫おしろい)
交通 名鉄「本笠寺」駅下車、徒歩5分
駐車場 20台駐車可能
特徴・見所

 玉照姫の伝説が残るお寺です。美濃国の豪族の娘玉照姫(たまてるひめ)は美しさゆえに不運な運命に巻き込まれ、鳴海の長者の召使いとなってしまいます。しかし不遇な生活を送りながらも呼続の里の観音像にお祈りを続け、ある日雨ざらしの観音様に笠をかぶせると、そこをたまたま通りかかった藤原兼平(ふじわらのかねひら)に見初められます。

 その後二人は結婚して笠をかぶせた観音さまを祀ったことから、このお寺は笠覆寺(りゅうふくじ)と名付けられました。またこのシンデレラストーリーにあやかり、縁結びの祈願をされる方が多く訪れています。

体験者の声

 古くから笠寺に伝わる玉照姫のご尊像は,笠寺観音の南側にある塔頭の泉増院というお寺にお祀りされています。ご利益絶大ですから、地元の人はみな知っていますよ。
ほーりー記

山門本堂
 本笠寺駅から徒歩5分、商店街を抜けたところにあります。毎月6・16・26日の6の市は賑わうそうですが、私が行った日は人もまばらで静かな境内でした。

玉照姫・兼平公のお堂玉照姫・兼平公の像看板
交際円満笠のマーク
 本堂の脇には、玉照姫と兼平公の像を安置したお堂があります。中を見ると二人の小さな像が仲良く並んで座っています。

 ここは縁結び・交際円満にご利益があるそうなので、しっかりとお祈りしておきました。

 また境内には至るところに笠のマークがあり、まさしく恋物語のお寺と言った感じです。

 そしてお寺を出て南側へ回ると、そこには塔頭の泉増院があります。門を出て、通りを一本はさんだ向かい側にありますので、場所はすぐに分かります。

泉増院泉増院本堂玉照姫の縁結び絵馬
 お寺の方はとても気の良い方で、話しながら御由緒書きなど頂いてきました。後で良く御由緒を見たら、玉照姫の美しさをねたんだ同輩たちが姫のおしろいをつけて星崎の観音に詣でたところ、あざやほくろや吹き出物がとれて美しくなったとの言い伝えがあるそうです。このため「玉照姫おしろい」が古来から授けものとして置かれているとのこと。うーん、今度行った時には是非見てみたい一品です。


あなたの叶った願いや体験談などを募集中です。よろしければ こちら から、お寄せください。




メールマガジン

 寺社活動のお知らせは、『メルマガ寺社旅研究会(メールマガジン)』で配信しています。よろしければご登録下さい。購読は無料です。


メールアドレス      

メルマガバックナンバー




寺社旅研究家 堀内克彦(ほーりー)のプロフィール



イベント情報をもっと見る

仏前結婚式研究会

最新ブログ記事



HOME