縁結び神社研究会 〜恋愛成就・安産祈願〜  
 
縁結び
子宝・安産
神前結婚式
美人祈願
縁切り
 
 
 



 
放光寺 リンク
電話 0553-32-3340 縁結び
交通 JR中央本線「塩山駅」からバス15分、「放光寺前」下車
特徴・見所

 日本で三体のみの天に向けて弓を放つ『天弓愛染明王』で有名なお寺です。愛染明王は愛欲を司る仏様で、愛や情欲のエネルギーを清浄な菩提の境地へと転化してくれ、縁結びに御利益があります。

 毎月26日の縁日には『えんむすび・えんねがい特別大護摩祈祷』が行われます。この日の16時から祈祷が行われ、参拝者には天弓愛染明王特別護摩礼(一体 1000円)が授与されます。

ほーりー記

愛染堂

 境内には縁結びにご利益のある愛染堂があります。こちらは重要文化財に指定される天弓愛染明王と同じ姿をした愛染明王が安置されていました。

 愛染明王は真言宗の奥義である「煩悩即菩提」を示す仏様で、男女の縁を始め、人の縁や社会、学校など様々なご縁が吉祥に結ばれるご利益を授けて下さいます。
愛染明王

 お堂の前には五色の紐がつりさげられていますが、こちらは愛染明王の御手と直接結ばれています。こちらの紐を握ってご縁を頂けるようにお参りすると良いとのことです。 天弓愛染明王ご縁日

 なお、天弓愛染明王は別のお堂に安置されていて、こちらも拝観することができます。この天に弓を向けた愛染明王の中で重要文化財に指定されているのは京都の神童寺、高野山金剛峯寺、そしてこちらの放光寺の三体のみです。特にこちらは平安時代に作られた日本最古の天弓愛染明王とのことです。

 檜の寄木造で像高89.1センチ。愛染明王としては珍しく、穏やかとまでは言わないものの迸るような怒りの表情をしてはいません。また顔の前で軽く弓に矢をつがえたお姿はどこか中性的な神秘性を漂わせていました。

 ちなみに毎月26日は『えんむすび・えんねがい特別大護摩祈祷』が行われますので、もしもタイミングが会うようでしたらこの日にお参りに出かけてみてはいかがでしょうか?

体験者の声

 日本最古と言われている天弓愛染明王坐像が安置されているお寺です。天弓愛染明王はキューピットのように弓を持っている為、縁結びの仏様として知られています。日本最古の坐像は重要文化財なので、代わりに近年作られた天弓愛染明王坐像に赤い綱が結ばれ、その綱を握って縁結びのお参りができるようになっていました。縁結びのお守りも売っていました。

あなたの叶った願いや体験談などを募集中です。よろしければ こちら から、お寄せください。




メールマガジン

 寺社活動のお知らせは、『メルマガ寺社旅研究会(メールマガジン)』で配信しています。よろしければご登録下さい。購読は無料です。


メールアドレス      

メルマガバックナンバー




寺社旅研究家 堀内克彦(ほーりー)のプロフィール



イベント情報をもっと見る

仏前結婚式研究会

最新ブログ記事



HOME